TestFairy / テストフェアリー

アプリのテストを簡単、迅速、コスト効率よくクラウド上で実現

クラウドベース「ベータ版アプリ」テストプラットフォーム

作業工程の多いモバイルアプリのテストに関して、クラウドとテクノロジーを活用し、主要バグを自動的レポート。簡単、迅速、正確、安価なテストデータを提供できるプラットフォームを提供。

● 動画とデータを同時表示させてバグの原因を瞬時に把握


● テストの進行状況をリアルタイムで把握

● SDKなしで、テスト用アプリをアップロード

● Android版ではヒートマップの表示も可能


動画とデータを同時表示させてバグの原因を瞬時に把握できるソリューションです。

TestFairyの主要機能

バグ発生ビデオ

全テスターのテスト状況をビデオで録画。
バグが発生した場合、そのビデオとパフォーマンスデータを時系列的に同時表示させて可視化します。

バグレポート

マニュアルでのバグ情報追加やデベロッパーからのバグ情報追加など多様なバグ管理が可能です。これらバグ情報は自動的にバグ管理システムに送信されます。

ヒートマップレポート

Android版では、ヒートマップをご提供。ユーザーエクスペリアンス改善、コンバージョン率向上に役立たせることが可能です。またSDKのアプリ組込みは不要です。

テストカバレッジレポート

調査プラン(チェックポイント)を事前に作成し、対象ページにコードを埋め込むだけでテストプランの進行状況をリアルタイムに把握出来ます。

SDKなしでテスト用アプリ

アップロードは、テストしたいプラットフォームを選択するのみ(Android APK/iOS IPA)。Androidの場合は、SDKを組み込む必要はなくTest FairyサイドでAPKを自動組込みます。

バグ管理システムとの連携

JIRA、Bugzilla、Github等の外部バグ管理システムと、シームレスかつ双方向で統合。バグ出現時には自動的にそのバグ情報が外部バグ管理システムに送信されます。

動画とデータを同時表示

 バグビデオと機能データを連動して表示

全テスターのテスト状況をビデオで録画し、バグの原因を瞬時に把握。バグが発生した場合、そのビデオとパフォーマンスデータ(CPU,Memory,Network,Phone signal,GP,SBattery,OpenGL,Microphone,Wi-Fi,Application logcat)を時系列的に同時表示させて可視化します。
バグ発生の原因をより多角的、実証的、合理的な手法で分析。これにより迅速なバグ修正に活用できます。

テストカバレッジレポート

 テストプランをリアルタイムに進行・把握

調査プラン(チェックポイント)を事前に作成し、チェックポイントを認識するコードを対象ページに追加。テストプランの進行状況をリアルタイムに把握出来ることにより、テスター参加数のマネージメントとスケジュール管理が可能です。

テスト内容は、チェックポイントと使用携帯端末(スマートフォン)、セッション、テスターをクロスさせてのテストの進行確認が可能です。

3つのステップで簡単進行

 アプリ配布→テスター招集分析

 ● テスト用のアプリを、テスト専用サイトにアップロード
 ● Android版はSDKの組込みの必要はなし。iOS版必要あり
 ● テスターはアプリをダウンロード後、即テストを開始
 ● テスターのDBから各テストに最適化した「グループ分け」を実施
 ● 多様な告知方法でテスターを招集
 ● テストの進行状況をオンラインでリアルタイムに把握
 ● 主要なバグは自動でバグ管理ツールに送信
 ● バグの発生原因をビデオとパフォーマンスデータで分析

ベータ版アプリテスト用プラットフォーム

クラウドとテクノロジーを活用し、3つのプロセスで全テストを完結。時間・コストがかかるテスト作業を、
「簡単」、「迅速」、「正確」、「安価」に実施。QAコスト/QA時間の軽減し、リリース前にバグのないアプリを準備。
 

作業工程の多いモバイルアプリのテスト効率化にはTestFairyが大変おすすめです。

ご相談はお気軽にどうぞ

ご相談、ご質問はインターアローズまでお気軽にどうぞ。お電話でのご相談も承ります。
平日9〜18時 ☎︎ 03-6431-8022