Email Marketing / メールマーケティング

今も昔も費用対効果(ROI)が最も高いマーケティング手法

メディア、ツールの特性に合わせる

今、ブランドはウェブで作られます。雑誌・新聞や看板等のメディアと比較しても、ウェブは、消費者のニーズに遥かにピッタリ合ったコンテンツを提供します。つまり、どんな業種の企業であっても、そのブランドアイデンティティを育成できるのはウェブだけです。
デジタルマーケティングの施策において最も重要な項目は「コンテンツ」に他なりませんが、メディアの種類次第で、その施策も変化させる必要があります。そして、その成功には、豊富な技や経験、知識が必要とされるのです。

Eメールマーケティング

今後も「Eメール」は、費用対効果(ROI)が最も高いマーケティング手法であり続けるでしょう。2020年には、消費者の70%が、お知らせやお得情報をメールで受けるようになるという予測もあります。商品やサービスをEメールで伝えようとするなら、ハッキリと目立つ、分かり易い、インパクトのあるメッセージが大切です。

メールマガジン

新規顧客を獲得しセールスを伸ばすためには、メルマガコンテンツに力を入れましょう。分かり易くコンテンツを整理する事が重要、またコールトゥアクション(CTA)ボタンにより目的に到達しやく作成しましょう。メルマガTの成功に欠かせないキーワードは、「情報」「クリエイティブ」「エディケーション」の三つです。

ブログ

「ブログ」もまた重要なウェブマーケティング手法です。ブログへのトラフィックによって、ブランド露出や売上げの機会も増えるはずです。良いブログというのは、どんな業態であっても、オリジナルで面白いコンテンツが何層ものステージから一つのストーリーに構成されているものです。

Facebook

Facebookは会話と共有につながる必要があるのです。投稿は粘り強く続けていかなければなりません:脈絡のないコンテンツを、不定期に投稿するのでは逆効果を招きます。良いFacebook 投稿は、質問、アクションのお願い、画像、リンク、動画、エモーションの要素が必要です。

TWITTER

ツイートの良さは何でしょう?
簡潔、フレンドリー、人柄が伝わる事です。
あなたのフォロワーがコメントに共振できるようなメッセージを送りましょう。
リンクやハッシュタグ、返信ツィート、質問なども入れ込むとなお良いです。

Instagram

言うまでもなく昨今最も共有の活発なソーシャルネットワークはInstagramでしょう。 参入は簡単ですが、注目を集める為にはコンテンツに手間が必要なチャネルでもあります。Instagramの成功には、簡潔、関連ハッシュタグの使用、コンテクストと地理情報タグの定義づけがポイントとなります。

Pinterest

Pinterestでは訪問者やフォロワーを理解していることが前提です。Pフレンドリーで、上手に説明されたメッセージと、件名や目立つコールトゥアクション(CTAボタン)が必要です。

LinkedIn

LinkedIn はプロフェッショナリズムを発信しますが、日常の些細な出来事を見せる場ではなくメッセージや仕事やキャリアに相応しい話題、リンクなどを公開します。

ウェブサイト

ブランドアイデンティティの基本は「ウェブサイト」。細部までもハッキリと、訪問者主体で検索し易く、魅力的なデザインでかつスマートフォンに最適化してあるかが重要です。

メールマーケティングのポイント

若年層とのコミュニケーションにソーシャルメディアの活用は欠かせないません。しかしながら未だ重要性の高いメールマーケティングですが、企業が早期に成果に結びつけるにはどうしたら良いでしょうか?
成功のポイントはモバイルを意識した下記4つのステップを意識しましょう。

高いデザイン性

テキストだけのメール原稿であれば、メールボックス内に埋もれてしまいます。デザイン性に優れたHTMLエディターから短時間でクリエイティブなメールコンテンツをタイムリーに作り上げましょう。

マルチデバイス対応

インターネットトラフィックの割合からモバイル優先なのは当然ですが、PCでの閲覧者、タブレットやその他スマートデバイスでも読みやすくレイアウトされるメールコンテンツが理想です。

スパム判定を回避

メール配信環境によっては、お客様メーラーにスパムメール扱いされるケースも少なくありません。メールソフトウェアもスパム判定を避けるアルゴリズムを有している製品を選択すべきです。

配信後の分析からPDCA

メルマガ発行後の到達率、開封率を重要視し分析できている企業がどれだけあるでしょうか。より良い成果につながるメルマガには、使いやすい分析ツールの存在が書かせません。

さらに強力なエンゲージメントSMS

SMSはサービスやプロモーションのご案内など内容を問わず、90%以上の開封率が得られています。何時でも情報を通達することが可能。セール案内、予約確認、受付確認、購入商品の発送状況、新規アプリのプロモーション、イベント案内、など用途は多様です。ショップへアクセス、アンケートに回答するなど明確なCTA(行動喚起)設定も重要です。

 ● 友好的なトーンで受信者にアプローチしましょう。
 ● 文字数(日本語70文字)は限られている為,差出人が誰か明確にしましょう。
 ● 注目度の高いコンテンツを配信して開封を促進しましょう。
 ● 情報を加え過ぎずシンプルで明確なメッセージにしましょう。

成果につながるメールビルダー

タイムリーにメール作成、PC,スマホのマルチデバイス対応、スパムメール回避アルゴリズム、配信完了のスピード選択でコストダウン、到達、開封の反響分析、顧客名簿管理、CMS,CRM,ERPのシステムとのAPI連携、高品質のSMSをグローバル配信、LP作成、ABテスト 等

これらを兼ね備えたメールビルダーは伊MailUpがおすすめです。

ご相談はお気軽にどうぞ

ご相談、ご質問はインターアローズまでお気軽にどうぞ。お電話でのご相談も承ります。
平日9〜18時 ☎︎ 03-6431-8022