ユーザビリティ診断

使い勝手の良いWebサイトへのステップアップをサポート

サイトを使いやすくしてコンバージョン率をUP

ユーザビリティとは、一言でいうとWebサイトの使い勝手の良さを指します。

使い勝手の良いWebサイトの条件は、理解しやすく、視認性がよく、使いやすい、訪問者目線で作られていることです。良いWebサイトは、機能性はもちろんのこと情報が入手しやすかったりコンテンツの充実や企業ブランディング、確固たるコーポレートメッセージが存在しています。
また、Webサイトユーザビリティをサイトエクスペリエンス(経験)という言葉におきかえることもあるほど、訪問者へ快適な体験をさせることは、企業にとって重要な意味を持ちます。

Webサイトにおけるユーザビリティの定義(ISO9241-11に基づく)

  • 効果:欲しい情報が簡単、確実に入手できること
    母集団の増加
  • 効率:少ない負荷で情報の収集ができること
    減衰率を最小に抑える
  • 満足度:Webサイトブラウジングにおいて不満、不快がない
    リピート率を高める

ターゲットとするユーザーにとって「効果」、「効率」、「満足度」の3つを満たすWebサイトを構築(配慮)する

ユーザーがそのサイトを「使いづらい」と感じるのは、主に「効率」の良し悪しに依存します。「効率」を改善することで、Webサイトのユーザビリティは格段に向上します。
インターアローズではWebサイトの効果、効率を格段にUPさせる効果的なユーザビリティ診断サービスを提供します。

ユーザビリティ診断とあわせて、簡易ホームページ診断も承ることができます。
簡易診断では集客方法やデザイン、コミュニケーション、コンテンツ内容など総合的に診断を行い、貴社のWebサイトを通じた改善案を考察します。

ユーザビリティチェックを行うWebサイトの規模によりレポート項目内容、料金は変わってきます。詳細につきましては下記よりお問い合わせください。

サイトを使いやすくしてコンバージョン率をUP