アクセス解析レポートサンプル

アクセス解析レポートのサンプルをご案内します。作成のポイントや分析例など、ここでご紹介します。

アクセス解析レポート作成例(Eコマースサイト)

エグゼクティブサマリー

当月のアクセス解析レポートから読み取れる、インサイトをエグゼクティブサマリーとして1ページにまとめます。幹部向けにはこの1ページを読んでもらうと前月ウェブサイトに何が起きていてどういう対策が必要なのか、を理解してもらうことができます。もちろん英文のご用意も可能です。

 

ファネルレポート

全体の訪問者の内、何%が購入に繋がっているのかをファネルレポートで理解します。特定のステップを経た訪問者の割合もここで把握します。時系列で数値を見ることにより当月のイベントやキャンペーンがどう影響しているか、理解することができます。

 

メディアシェア

ウェブサイトへの訪問シェアをメディア別に把握します。トレンドとしてモバイルウェブが伸びているのか、アプリなのか。時系列でメディアの勢いを把握することが大切です。コンバージョン率も同時に見ることでトレンドの変化を理解しやすくなります。またリニュアルの効果測定も行うことが可能です。

 

MAU

月間のアクティブユーザ数の把握は重要です。ユニークでどれだけの訪問者が当月いるのか。必ず把握します。季節要因があるのか、前年同月比で見ることも重要です。

 

セッション

MAUの把握と合わせてセッション数の推移も理解します。MAUとグラフ波形が異なる場合は、訪問頻度の変化があったことを示します。訪問頻度の増減要因を分析しましょう。

 

DAUとイベント相関

年間のデイリーアクティブユーザー数を1ページで把握します。全体のトレンドや季節要因など大枠で理解します。スパイクしている箇所については、何らかのイベントやキャンペーンを実施しているはずですので、同時にコンバージョン率を折れ線グラフ併記すると、イベントの優劣が非常に明快となります。

 

CVR

毎月のコンバージョン率の把握は重要です。サイト全体のコンバージョン率を追うだけでなく、ここではモバイルやデスクトップといったデバイス別で理解するとよりトレンドが把握しやすくなります。

 

ファネルレポート

全体の訪問者の内、何%が購入に繋がっているのかをファネルレポートで理解します。特定のステップを経た訪問者の割合もここで把握します。時系列で数値を見ることにより当月のイベントやキャンペーンがどう影響しているか、理解することができます。

 

メディアシェア

ウェブサイトへの訪問シェアをメディア別に把握します。トレンドとしてモバイルウェブが伸びているのか、アプリなのか。時系列でメディアの勢いを把握することが大切です。コンバージョン率も同時に見ることでトレンドの変化を理解しやすくなります。またリニュアルの効果測定も行うことが可能です。

 

MAU

月間のアクティブユーザ数の把握は重要です。ユニークでどれだけの訪問者が当月いるのか。必ず把握します。季節要因があるのか、前年同月比で見ることも重要です。

 

セッション

MAUの把握と合わせてセッション数の推移も理解します。MAUとグラフ波形が異なる場合は、訪問頻度の変化があったことを示します。訪問頻度の増減要因を分析しましょう。

 

DAUとイベント相関

年間のデイリーアクティブユーザー数を1ページで把握します。全体のトレンドや季節要因など大枠で理解します。スパイクしている箇所については、何らかのイベントやキャンペーンを実施しているはずですので、同時にコンバージョン率を折れ線グラフ併記すると、イベントの優劣が非常に明快となります。

 

CVR

毎月のコンバージョン率の把握は重要です。サイト全体のコンバージョン率を追うだけでなく、ここではモバイルやデスクトップといったデバイス別で理解するとよりトレンドが把握しやすくなります。

 

URL分析

モバイル専用のURLが存在している場合、ページの利用割合を把握しておきましょう。この場合の指標はユニークページビューが望ましいです。モバイル訪問者は全体の7割を占めるが、モバイルページの利用は3割しかない場合には、モバイル専用ページの量産が必要となります。

 

デバイス TOP10 [Web]

モバイルデバイスのアクセス上位端末は必ず月次の推移で把握しておきます。アクセスが急上昇してきている端末はないか、相対的に把握します。

 

デバイス TOP10 [App]

公式アプリを展開している場合も、デバイスの把握を行います。端末ごとのセッション数と全体の売り上げの伸びを理解します。

 

ログイン [Last 3 months]

ログイン数が取得できる場合、デイリーでログイン数のレポーティングが重要となります。ログインが急増した場合、イベントやEメール、キャンペーンなどの要因分析を行います。

 

カートイン [Last 3 months]

カートインや初めてのカート追加などが取得できる場合は、そのデータもレポート化します。メールマガジンやキャンペーンが新規の獲得とアクションにどう影響したかを分析することが可能になります。またリテンション率の分析も有効になります。

 

トランザクションとCVR [Last 3 months]

実際の購入とコンバージョン率の推移を分析します。コンバージョン率と購入アクションは必ずしも一致するわけではなく付き合わせてみることが重要となります。

 

CVRとAOV

年間を通してコンバージョン率がどう推移しているのか、前年対比ではどうなのか、常に把握しておくことが重要です。同時にオーダー数の推移や取得可能であれば、平均購買単価も同時分析します。

 

主要ページ 直帰率推移

直帰率の分析はアクセス分析黎明期から変わらず重要な指標です。サイト全体と主要ページの直帰率は必ず推移変化をみるようにします。変動時には要因分析を行います。

 

チェックアウトフロー分析

チェックアウトまでのフローを分析します。カート放棄率も取得できる場合は、既存顧客と新規に分類し、カート放棄の割合を把握します。新規のカート放棄割合が高い場合には、離脱ポイントを特定し離脱防止のコミュニケーションを取る必要があります。

 

売上レポート

売り上げデータを取得できる場合、MAUと付き合わせてレポート化すると分析の精度が増します。取り扱い製品をカテゴリごとに細分化できる場合には、製品カテゴリごとにグラフを視覚化するとより効果的です。

 

入口ページTOP25

どのページが入口ページとして機能しているのか、セッション数の確認だけでなく、実際の購入に繋がっているのか確認することが重要です。エントリページ分析では、毎月の推移変化を継続的に追いかけることが分析の基本となります。

 

離脱ページTOP25

離脱するページについても把握しておきましょう。前月との変化について理解することが重要です。ランディングページなど狙い通りに訪問者が行動してくれているのか、ページ滞在時間と合わせて分析を行います。

 

CTRが高いキーワード一覧 TOP50

クリックスルーレートが高い検索クエリを把握します。自社サイトにマッチしたキーワードを理解することができますが、さらに集客できそうな周辺キーワードを想起して、次なる新規コンテンツ企画を行います。平均順位が二位以下のクエリについては検索エンジン最適化を行い順位上昇を試みます。

 

CTRが低いキーワード一覧 TOP50

CTRは低いが、表示回数が多い検索クエリについてピックアップします。これらキーワードは、検索順位の上昇により サイトへの流入増加につながる可能性が十分にありますので、対象ページのコンテンツと検索クエリを付き合わせてコンテンツ企画を行っていきます。

 

キーワード順位推移

重要なキーワードについては、デイリーで順位追跡を行います。ベンチマークとなる競合サイトがある場合、同時にトラッキングを行い他社の検索エンジン対策の状況をも理解します。大きな変動が出た場合には対象サイトの調査、分析を行います。

インターアローズ では、アクセス解析レポートの作成が可能です。
貴社専用のOEMレポートをご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。