MMX : Multi-Platform

MMX : MULTI-PLATFORM
(エムエムエックス:マルチプラットフォーム)とは?

現在インターネットに接続するデバイスが多様化し、同一ユーザデバイス間の重複も考慮したデータが求められています。MMX : Multi-Platformは、PC、スマートフォン、タブレットの複数デバイス間の重複を除いた正確なインターネットアクセス・データを提供しています。

MMX: Multi-Platformは、MMXのPCデータ(Desktop)にMobile Metrixのモバイル(スマートフォン+タブレット)とVideo Metrix(PC)のデータを加えたものです。これにより同一サイトのPCからのアクセスとモバイルからのアクセスを把握できます。現在6カ国データを提供しています

MMX : Multi-Platformは、PC、タブレット、スマートフォンのパネルのデータと各サイトに埋め込まれたタブデータを統合させ、総デジタル人口、指定プラットフォームオーディエンス、リーチ、ユニークユーザ、ページビュー、滞在時間等、幅広いデータを提供します

MMX:Multi-Platformのデータアプトプットは非常に簡単です。下記のようにデータソース、地域、期間、ターゲットオーディエンス、メディア、測定値を選択するだけでそのデータがアウトプットされます。

MMX : Multi Platformのアプトプット画面は非常に分かりやすく作られています。また各プラットフォームについては、個別にコラムを作って数値を表示しています。さらに各計測値はフィルターによって最低値/最高値を設定することもできます。

MMX : Multi-Platformのデータでもグラフィック別で集計する場合、年齢、性別、世帯収入、子供の有無、世帯人数、人種でのセグメントが可能です。

MMX : Multi Platformは測定値は、「Total Digital Population」(総デジタル人口)、「DESKTOP」(PCデータ)、「MOBILE」(モバイルデータ)に分かれており、またデータ内容も「Person and Impression based metrics」(人とインプレッションに基づく測定値)と「Duration based  Metrics」中から自由に設定することが可能です。

MMX : Multi-Platformのカテゴリはコムスコア・ディクショナリーの基づいたMMXのカテゴリと同じです。従ってMulti-Platformでも統一されたカテゴリでデータをアウトプットできます

MMX : Multi-Platformのデータは、下記のように同一のサイトに対して、Total Digital Population(総デジタル人口)、PC(PCからのアクセス)、Mobile(モバイルからのアクセス)のデータを表示します。これによりそのサイトのマルチプラットフォームでのアクセス状況を把握できます

MMX: Multi-Platformのデータは、「基本測定値」の他、「メディアトレンド」、「デモグラフィック・プロファイル」、「クロスビジット」(米国のみ)、「オーディエンス重複」(米国のみ)のデータもアプトプット可能です。