「Datanyze(データナイズ)」の提供サービスに新機能「Predict(プリディクト)」を搭載

ICT企業を対象に、顧客の採用ツール情報をリアルタイムに提供するDATANYZE(データナイズ)が「見込客優先度分析」と「新規営業リスト作成」の新技術「プリディクト」を日本でも搭載!商談効率を更にUP

2018年4月26日、ICT企業向けセールスリードデータ「Datanyze(データナイズ)」の日本総販売代理店であるデジタルマーケティングエージェンシーの株式会社インターアローズ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:男澤洋二)は、「Datanyze(データナイズ)」の提供サービスに新機能「Predict(プリディクト)」が搭載されたことを発表した。

米国「Datanyze(データナイズ)」は、世界最大のテクノロジーレビューサービスG2Crowdから「2018ベストソフトウエア賞」を受賞したセールスリードデータである。250か国の3,500万ウェブサイト、9,000テクノロジーツール、および300万アプリのデータを24時間毎にトラッキングし、「どの会社が、何時、どんなテクノロジーツールを導入したのか?」をICT企業へ提供する。営業戦略を効率化できるリードデータとして、世界1,000社以上のICTやテクノロジーツール企業の営業&マーケティング担当に利用されている。日本においては、昨年5月より、(株)インターアローズが販売を開始した。

この新機能は、ICT企業のツールが採用されている企業の様々なテクノロジーの種類、業種、従業員数、サイト訪問者数などの相関関係を洗い出し、共通特性を瞬時に分類の上、新たな顧客候補とその見込度を提示する。このモデルを、競合製品を採用中の企業へ当てはめると、競合から乗換える確率の高さも予測できる。しかも、この新機能による予測は、約5分ほどで完了する。

競合他社テクノロジーツールへの入替えが頻繁であるICT業界において、タイムリーな見込度の可視化と、成約率の最大化は不可欠である。「Datanyze(データナイズ)」は、更に、テクノロジー業界シェアやトレンド、新製品の販売情報、最大5年分のツール入替え履歴も提供する。また、分析されたデータはAPIやCVSにより、Salesforceなど社内システムと統合し、広く社内で共有できる。「Datanyze(データナイズ)」の活用により、日本のICT企業の営業戦略が大きく効率化し、更なる機会を創出する事が期待できるかもしれない。

あるA/Bテストツールが採用されている企業特性

見込み客企業一覧リスト例