月間ダウンロード数130万以上!国内デジタルコミックアプリ「マンガワン」成功要因は、「大胆な試読戦略」+「コミュニケーション戦略」

国内Apple App Storeの「ブック」カテゴリは前月対比53%増加しました。その中心アプリが小学館からリリースされている「人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ-マンガワン-」です。このアプリは、2016年2月、国内Apple App Store「ブック」カテゴリで第1位となり、そのタウンロード数も単月で130万を超え、他アプリを大きく引き離しています。

2016年2月国内Apple App Store/「ブック」カテゴリーダウンロード数ランキング

アプリ名 ダウンロード数
1 人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ-マンガワン- 1,353,830
2 MangaTiara – free comic reader 262,647
3 【謎解き】ヤミすぎ彼女からのメッセージ 237,388
4 罪と罰/謎解き推理アドベンチャー 184,650
5 MangaZERO – free comic reader 175,958
6 LINE マンガ – 無料で人気漫画を毎日更新! 140,686
7 MANGA MONSTER – Free comic reader 100,080
8 【無料漫画アプリ】GANMA!-オリジナル新作ゾクゾク! 92,027
9 謎解きあの人からメール 91,898
10 Liveコミック 無料マンガ/無料本 毎週更新! 83,413
(Source: PRIORI DATA February, 2016 )

このアプリは決して新作のアプリではなく、リリースは2年前の2014年4月。過去月間100万を超えるダウンロード数を記録したことはありません。では今回何故月間100万を超えるダウンロード数を獲得できたのか?その理由は、他社に先駆けて打ち出した「初回100話無料」、「毎日8話無料」の新サービスと、それを「相撲取り」と「女性経営者」を使って、わかりやすくコミュニケーションしたTVスポットキャンペーンであったと推察されます。

TVCF

事実「マンガワン」は、2016年2月10日、累計ダウンロード数を300万と公式発表し、同日にTVスポットキャンペーンを開始。キャンペーン開始12日後の2月22日には累計ダウンロード数が、100万増の400万を突破したと発表しています。またダウンロード数のみならず売上金額も増加しており、「マンガワン」の2016年2月の「ブック」カテゴリ売上ランキングは「LINEマンガ」、「少年ジャンプ」に次ぐ3位で、売上金額は前月より71.3%増加しています。

現在デジタルコミックアプリでは、月額課金制、無料+アプリ内課金制、完全無料(広告モデル)等ビジネスモデルが混在していますが、今回の「マンガワン」の成功は、提供するサービス内容、コミュニケーション手法等によって、過去リリースしたアプリでも成功できるケーススタディとして今後の国内デジタルコミックに新しい方法性を示唆していると思われます。

Priori Dataとは?

Leave a comment